上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.28 How?
「どーやって洗うのぉ?」

子ども達の第一声がこれだ。
そうか。彼らは、生まれた時からシャワーしか使った事がないんだ。
知らなくても当然か。

3月中旬から、我が家は「シャワー禁」となっている。
お風呂では、浴槽のお湯で体を流すこととなった。

事の始まりは3月の始めだったか。。

仕事中に光熱費の話になり
それは高いよ~!
えぇ~それって安すぎ!どうやって節約してるの?
てな話で盛り上がった。

でもって水道代の話になった。
結果は・・我が家の水道代がべら棒に高かった。
他の人の倍近いではないか!

これはどうしたことだろうと・・分析を始めたところ
お風呂でのシャワーの使い方に問題があるのでは?と言う事になった。

実は我が家・・私も含めてなのだが。。

お風呂に入った瞬間に、シャワーを出す。
そしてシャワーを出したまま・・体を洗い、髪を洗い。。
延々とシャワーが出続けていた。お湯が流れ続けていたのだ。

でも。

いちど止めると、次に出す時に冷たいよ~とか
寒くなるよ~とか・・私としては言い分があったのだが。

同僚に一喝されてしまった。

そして驚くことに、「うちはシャワー禁だから!」というお宅が。
非常に驚いた。シャワーがあっても使わない・使わせない。

なるほど。これだ。

我が家でもその日の晩から実行に移した。
どーやって洗うの?と聞いてくる子ども達に
優しく説明。

「あー。その為に洗面器とかがあるんだね。」と子ども達。
なんだか苦笑してしまったわたし。。

そんなこんなのシャワー禁だが
ようやく定着してきた。子ども達も慣れて来たようである。

いちど、シャワーの音が聞こえて「ん?」と思った私はお風呂に駆け込んだ。

「こらっ!シャワー使っちゃだめでしょ!!」と
ドアの前で仁王立ちになると、かなりビビッていたっけ。ふ。

次回の水道代が楽しみだ。
スポンサーサイト
2007.03.23 ここ最近
またまた更新が遠のき。

今日、仕事中に保育園から電話があった。
病室にいたもんで、何ごとか?と電話にすっ飛んでいった。
「水疱瘡みたいなんです~」と保育士さん。

あ~やっぱり。

実はそうかもしれない・・と思ってた。
昨日発見した数個のポツポツ。

ん?

とは思ったが熱はないし、まさかね。。なんて。
保育園さまごめんなさい。

ワクチンしとけばよかったな。
思い立った時にするべきだった。
治癒証明もらえるまで、がんばりましょ。



看護師さんって、どこにいるの?
どうしてウチの病院には看護師がいないんだろう。
特にウチの病棟。

やはりメリットのある大きい病院に行っちゃうんだろうな。
いまや看護師も「大学卒」の時代。
そしてエキスパート化されつつある。

ウチみたいな、町医者に毛が生えたような病院じゃーねぇ。
メリットはなにもないわ。
勉強にもならんし。
でも・・おもしろいんけどな。

今現在、入院患者40名。
それをたったの3人でみた。日勤パートたったの3人。
これってどーよ。怒。

今日は月曜だからして・・入院あり、退院あり、突然転院する人あり。
あれこれ処置あり、包交あり、オペ全処置あり。

ため息ばかりの1日。

明日はオペ日。
また人がいない。どーなることやら・・。



nutera.jpg


ヌテラと言う名前の商品。
何語なんだろう。ぜんぜん検討もつかない。
変な名前ぇぇ~。と思った。いまでも思ってるけど。

これが。うまい。

チョコレートベースの・・えとなんて言うの?パンにぬるヤツ?
ってたくさんあるけど、これは絶品!だと思う。

家族もお気に入りの1品なのである。

他になにかオススメってあります?
是非、教えてくださいませ。


ん~。
画像を載せると行がずれるのね。。
ノート風で気に入ってるんだけどなぁ。




minica-s.jpg


2歳1ヶ月になった次男は
なんでも自分でできる!・・と信じて疑わない。

ご飯だって自分でよそえるし
お味噌汁をよそうのだって、本当は自分でできるのにやらせてもらえない。
パンやお菓子類なども、袋を開封して自分でお皿に入れられるし
お箸だって使えるんだ。
牛乳だって自分でコップに注げるんだぞ。

まじでそう思っている。
2歳特有の精神状態ってやつか。

食事関係に限らず
DVDの操作も、テレビを3番にするのも、お風呂でシャワーを使うのも
体を洗うのも、浴槽から出るのだって
みーんな自分でできるのにっ!!!

と・・信じている。

これが・・やっかいなのだ。
ロールパンが食べたいと言うから、袋から1個出して渡そうとすると
烈火のごとく怒り出す。泣きが入る。機嫌を損ねる。

あーはいはい。
と、出したパンを袋に戻し袋ごと本人に渡してやるが
それでおさまる時とそうでないときがある。

おさまらない時は、パンの袋を放り投げ
も~!おかーさんはいっつもそうなんだからぁ!(怒)
ってな感じで泣き叫び転がってしまうこともしばし・・あり。

そんな時、私は放っておく。
「勝手にしなさい」と袋をあずけたまま立ち去る。

気がつくと、涙が頬に残ったまま
笑顔でパンを食べていたりする。

昨日は、あまりにもうるさいので、お味噌汁のお鍋を床に下ろして
お玉とおわんを持たせてみた。
案の定・・あっち~!と言ってあきらめた。

牛乳はほとんどコップには入らなかった。
が、本人は満足していた。私は仕事が増えた。

靴だって自分で履けるし、靴下だって自分で履ける。
もちろん脱げる。
朝の忙しい時に、私は玄関でじーーーーーっと待つ。
心の中で「早く早く早く早くぅぅぅ!」と叫びながら
笑顔でひたすら待つ。

「自分でやりたい」と言う気持ちを摘み取ることなく
大切にしてやりたい。とは思うものの・・大変な忍耐を強要される。


でも。
満足そうな彼の笑顔を見ていると、幸せな気持ちになる。
大変だけど、やっぱり子育てっていいかもしれない。
もう3月だと言うのに・・インフルエンザらしい。

我が病棟のスタッフが、2人もインフルエンザ(A)にかかりダウンしてしまった。
それでもなくても看護師不足だって言うのに。

まるっきり、夜勤体制での部屋持ちである。日勤なのに・・だ。

病棟は満床だ。42床キチキチに患者さんが入ってる。
そして、退院あり・入院あり・オペあり・大掛かりな処置あり。
やってもやっても仕事が終わらない。

私が受け持ったのは、重症を含む11名。
気管切開され呼吸器をつけた患者さん。
左股関節・人工骨頭置換術後に脱臼してしまって、再置換術のオペを受けた患者さん。
糖尿病性腎炎から腹水が貯留。
その腹水を抜くために腹腔穿刺&ドレナージを施行した患者さん。

などなど。

最低限、やらなきゃいけないことしかできなかった。
それでも、仕事が終わったのは17時半過ぎ。


ヒゲも剃ってあげたかったし、足浴もしてあげられなかった。
帰宅途中、あれもできなかった・これもできなかったと
患者さんに対して申し訳ない気持ちで一杯になる。

えと。。なんの話をしていたんだっけ。
インフルエンザだったわ。

そう言えば、今日もインフルエンザで入院してきた方がいた。

今ごろになって、流行の兆し?
お休みした看護師さーん。早く元気になって戻って来ておくれ~!

2007.03.05 ようやく
立ち直るのに2日かかった。
不合格だったと言う事実を受け入れるのに、2日も。
いろんなことが渦を巻き・・ちと落ち込んだ。

けれど、2日で元気になった。
そんなふうに思っていたのかもしれない。
まさか・・そんなことが起こるわけがないって。
だって絶対に受かると思っていたもの。信じて疑わなかった節がある。

どうしてだろう。

そーいや、最後まで合格圏には届かなかったよね。
なのになぜだか・・大丈夫な気でいた私っていったい。

違うトコならば大丈夫だった?かもしれないけれど
きっと彼女は受けなかっただろうな。と思われる。
でもだからって、受けたところにどうしても行きたかった?って
わけでもないらしく。

よくわからんのですわ。

しかーし。

自分の子だけダメだったと言う事実。
受かったんだよって言いたい・・親の見栄。
これから3年間通わせてあげられるだろうか?って不安。

いろんなもんが合わさりあって
なかなか抜け出せない。

参りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。