上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.07 放送禁止用語
さっき、ちらちらとネットを徘徊していたら
「放送事故」とか「放送禁止用語集」ってサイトに行き当たった。

放送禁止用語っていろいろとあるんだね。
わたし知らなかったよ。
で「差別用語」がその多くを占めていることにも驚いた。

これって差別用語だったの?って語句がけっこうあった。
そう言えば、最近聞かなくなったな~って思っていたら
実は差別用語だったんだ。ふーん。

なかには、これのどこが差別に値するの?ってな言葉もあった。
相手を侮辱する意味が込められている・・らしいのだが
これってそうなの?って疑問に思えた。

ただ純粋に、こう言うんだと思ってたってのが素直な思い。
りんごを「りんご」って言うように。

あ。もしかすると、その「りんご」も
アダムとイヴのお話までさかのぼり、なにやら宗教的な意味合いが含まれるため
使ってはならない?ってことになってる?ってレベル。

アナウンサーとか、テレビで話をする職業の人たちは
なんだか大変なんだな~とつくづく思った次第です。

「看護婦」って言葉もなくなったよね。なんだっけ?女性蔑視?
わたしとしては・・これもよくわからない。
いいじゃん。「看護婦」「看護士」で。

働いている看護婦さんたちはなんとも思ってないのに
誰が言い出すんだろう。
でもま、2つあるより1つにまとめたほうがいいのかもしれないけれど。

それにしても、男性の看護師ってちらほら見かけるけど
男性の助産師って見かけないなぁ。実際、いるのかしら。

需要はあるのかなぁ。。。う~ん。。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。