上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minica-s.jpg


2歳1ヶ月になった次男は
なんでも自分でできる!・・と信じて疑わない。

ご飯だって自分でよそえるし
お味噌汁をよそうのだって、本当は自分でできるのにやらせてもらえない。
パンやお菓子類なども、袋を開封して自分でお皿に入れられるし
お箸だって使えるんだ。
牛乳だって自分でコップに注げるんだぞ。

まじでそう思っている。
2歳特有の精神状態ってやつか。

食事関係に限らず
DVDの操作も、テレビを3番にするのも、お風呂でシャワーを使うのも
体を洗うのも、浴槽から出るのだって
みーんな自分でできるのにっ!!!

と・・信じている。

これが・・やっかいなのだ。
ロールパンが食べたいと言うから、袋から1個出して渡そうとすると
烈火のごとく怒り出す。泣きが入る。機嫌を損ねる。

あーはいはい。
と、出したパンを袋に戻し袋ごと本人に渡してやるが
それでおさまる時とそうでないときがある。

おさまらない時は、パンの袋を放り投げ
も~!おかーさんはいっつもそうなんだからぁ!(怒)
ってな感じで泣き叫び転がってしまうこともしばし・・あり。

そんな時、私は放っておく。
「勝手にしなさい」と袋をあずけたまま立ち去る。

気がつくと、涙が頬に残ったまま
笑顔でパンを食べていたりする。

昨日は、あまりにもうるさいので、お味噌汁のお鍋を床に下ろして
お玉とおわんを持たせてみた。
案の定・・あっち~!と言ってあきらめた。

牛乳はほとんどコップには入らなかった。
が、本人は満足していた。私は仕事が増えた。

靴だって自分で履けるし、靴下だって自分で履ける。
もちろん脱げる。
朝の忙しい時に、私は玄関でじーーーーーっと待つ。
心の中で「早く早く早く早くぅぅぅ!」と叫びながら
笑顔でひたすら待つ。

「自分でやりたい」と言う気持ちを摘み取ることなく
大切にしてやりたい。とは思うものの・・大変な忍耐を強要される。


でも。
満足そうな彼の笑顔を見ていると、幸せな気持ちになる。
大変だけど、やっぱり子育てっていいかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。