上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.19 名前
わたしって
やはり昔の人なんだろうか。
考え方が古いんだろうか。

最近の子どもの名前って・・どうもついていけない。
私の周り、「めずらしい名前だねぇ」って名前の子どもたちがたくさんいる。
ていうか「めずらしい」って思っているのは私だけなのかもしれないが。

子どもの名前は
男女の別が一目瞭然で、誰にでも読めて、書ける。

これが私たち夫婦の絶対条件。
ウチの子ども達、3人ともそんな名前だ。娘は「○○子」だ。

いったい・・孫の名前はどうなっちゃうんだろう。
きっと、読めない名前に違いない。



2007.04.10 そーいえば!
ちょいと前に聞いた話なのだが

娘ったら
都立の入試で、試験中に

驚くことに・・トイレに行ったらしい。

試験中よ。入学試験の最中に。


娘曰く・・「だから落ちたのかもね~」だそーな。

聞いた私は、開いた口がふさがらず。

ある意味・・度胸があるわよね。まったく。
2007.04.10 それぞれの春
ふぅ。
相変わらず更新する暇がなく。
毎日、これもあれも!って思っているのだが
写真もたまってきたよもぅ。

娘はぶじに高校生になり
長男は中学2年生に進級して
智ちんは2歳児クラス・さくら組になりました。

私だけが変化なく・・・?

毎年、4月って言うのは
子ども達の学校へ出す書類書きに追われます。
緊急連絡先やら、自宅付近の地図やら
家族構成やら、災害や緊急事態のときのお迎えカード(のようなもの)やら
健康調査書やら・・

たくさん書かねばならない。

その中で「個人調査書」ってのがあって
子どもの長所やら、短所やら、性格やら
子どもの教育方針とか、学校に望むこととか
そんなんを書く欄がある。

これが・・難しいのよね。
学校に望むことなんて・・いったいなにさ。
まさか「偏差値」をあげて下さい・・なんて書けないし

・・んねぇ。

いったいみんなは何を書いているんだろうと
職場で聞いてみたところ・・空欄だそうだ。なるほど。私と同じだ。
空欄。

学校生活が有意義なものになりますように。
祈ってますよ。子ども達さま。


2007.03.28 How?
「どーやって洗うのぉ?」

子ども達の第一声がこれだ。
そうか。彼らは、生まれた時からシャワーしか使った事がないんだ。
知らなくても当然か。

3月中旬から、我が家は「シャワー禁」となっている。
お風呂では、浴槽のお湯で体を流すこととなった。

事の始まりは3月の始めだったか。。

仕事中に光熱費の話になり
それは高いよ~!
えぇ~それって安すぎ!どうやって節約してるの?
てな話で盛り上がった。

でもって水道代の話になった。
結果は・・我が家の水道代がべら棒に高かった。
他の人の倍近いではないか!

これはどうしたことだろうと・・分析を始めたところ
お風呂でのシャワーの使い方に問題があるのでは?と言う事になった。

実は我が家・・私も含めてなのだが。。

お風呂に入った瞬間に、シャワーを出す。
そしてシャワーを出したまま・・体を洗い、髪を洗い。。
延々とシャワーが出続けていた。お湯が流れ続けていたのだ。

でも。

いちど止めると、次に出す時に冷たいよ~とか
寒くなるよ~とか・・私としては言い分があったのだが。

同僚に一喝されてしまった。

そして驚くことに、「うちはシャワー禁だから!」というお宅が。
非常に驚いた。シャワーがあっても使わない・使わせない。

なるほど。これだ。

我が家でもその日の晩から実行に移した。
どーやって洗うの?と聞いてくる子ども達に
優しく説明。

「あー。その為に洗面器とかがあるんだね。」と子ども達。
なんだか苦笑してしまったわたし。。

そんなこんなのシャワー禁だが
ようやく定着してきた。子ども達も慣れて来たようである。

いちど、シャワーの音が聞こえて「ん?」と思った私はお風呂に駆け込んだ。

「こらっ!シャワー使っちゃだめでしょ!!」と
ドアの前で仁王立ちになると、かなりビビッていたっけ。ふ。

次回の水道代が楽しみだ。
2007.03.23 ここ最近
またまた更新が遠のき。

今日、仕事中に保育園から電話があった。
病室にいたもんで、何ごとか?と電話にすっ飛んでいった。
「水疱瘡みたいなんです~」と保育士さん。

あ~やっぱり。

実はそうかもしれない・・と思ってた。
昨日発見した数個のポツポツ。

ん?

とは思ったが熱はないし、まさかね。。なんて。
保育園さまごめんなさい。

ワクチンしとけばよかったな。
思い立った時にするべきだった。
治癒証明もらえるまで、がんばりましょ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。